トイレって詰まるもの?

トイレって詰まるもの?

そうですね、手を突っ込んでみたことがあります。
すぐに折れ曲がってそれ以上進めません。
上に行って下に行って、でもそれだけじゃあの渦巻きながら流れていったり、
便器によって静かなものや、大きな音を伴って流れることの説明がつきません。

 

折れ曲がって水が溜まるようになっているのは、水で下水のにおいを堰き止めるためです。
でも、それ以上に複雑にするには、科学的根拠プラス永年の研究成果があってのことでしょう。

 

詰まりの原因というか、詰まる場所は、おおまかに、便器と、その先の排水管に分かれます。
便器の形が複雑になればなるほど、水と汚物が通る通り道が狭くなればなるほど、つっかかり、ひっかかり、つまりやすくなります。
排水管は勾配が必要であることはもちろんですが、管の径、曲がり、長さも詰まりやすいかどうかに関係してきますね。
管径は細いよりは太いほうが一般的には詰まりにくいし、曲がりも少ないほうがもちろんいい。管と管のつなぎ目も汚物が引っかかりやすい場所ですし、長さも長ければ長いほど、水量が足りなくてどこかで留まってしまい、そこで乾いて固まってしまったら目もあてられません。
そう、水量、タンクに溜まっている水を放出してその水の流れる力によって汚物を洗い流すのが本質ですから、水量は多いほうがいいに決まっています。
ですから、水が地球の大切な限りある資源と節水が叫ばれ、便器はどんどん節水型になっていきますが、これは、技術をもってしても、やはり無理をしいているのはいなめません。
できるだけ、使用するトイレットペーパーも少ないほうがいいのですが、そんなわけにはいきませんよね。
ウンチが多い時は、2回3回に分けて流すことも必要になってきます。
ペットを飼っている家庭では、固まった犬のウンチなどは、流すまでの時間を置いて、柔らかくなってから流すのがいいでしょうね。

 

やっぱり、トイレには、ラバーカップはひとつ置いておきたいものです。
なぜかあまりおしゃれなラバーカップは見かけませんが、一般家庭でトイレが詰まったらこれがいちばん役に立ちます。
それでもだめなら、プロの修理屋さんをよぶのがいいでしょうけどね。やはりトイレのつまりトラブルと言えばレスキュー水道修理センターが安心ですね!
また水漏れ修理でお困りの時は生活水道センターがお奨めできますよ!安心出来る業者さんをお気に入りに入れておくと困った時に役立ちますよ。
また最近ではDIYなどでの修理方法も動画などで確認できますが、注意しないと配管が抜ける事もあるので気を付けてください。

 

 

 
 

ピックアップスポンサー


ホーム RSS購読 サイトマップ